Ds3234 library を作ってみた

リアルタイム・クロック・モジュール DS3234のライブラリは、RTCライブラリというのがあったが使いにくかったので自分で作ってみました。アラーム関係の関数は未作成。(2011/9/9)

https://github.com/fukuyori/ds3234

MAX7219は、//www.wayoda.org/arduino/ledcontrol/index.htmlのライブラリが使えそうだが、いろいろ手を入れたいな。

回路図

Arduinoの動作に関する部分を除いた回路図を作成してみました。(2011/9/10)

Arduinoの回路図 ざっと我流で書いてみました。

LED部分をユニバーサル基板に載せてみた

配線の仕方が見苦しいが、これでも2作目。1作目は、むやみにつなぎまくった結果、線がからみあい、動作不良の箇所を探すことができなくなった。もう一回作り直せば、見栄えがよくなると思うが、とりあえず動作しているので、これでよしとする。 ちなみに、Arduinoの部分は、ATMEGA328を外部クロックを使わないで8MHzで動くようにbootloaderを焼き込み、最低限の部品のみにしてつないでます。(2011/9/20)

b3026c20cb94444d07ea37bf3ee02302.jpeg 84469a2bdfd51b4671009e6c5393c546.jpeg

ATmegaも基板に載せてみた

一応、全部基板に載せて動かしてみた。まだ配線ミスがあるが、一応表示できている。アラーム用のスピーカー付け忘れてる。写真では、未加工の透明ケースに詰め込んでみましたが、後日加工して収納予定。 少々スキルアップしたのか、LED部分の配線より、ATmega基板の配線がすっきり。実は、//handatsuke.com/SHOP/313632/list.htmlを使用したのも、いい感じにできた理由の1つ。 (2011/10/19)

2c280eb5c6c7d3a9606e79ebc1029073.jpeg 3b5f565b0e39fca9cccd824d01943444.jpeg 1262b56847d74fcd0ca2eb40e3435331.jpeg

とりあえず、組み上がりました

揺するとリセットがかかってしまうという、ショボイ部分を残しつつ、とりあえず組み上がりました。右側は、スモークのアクリル板を前面にとりつけたもの。配線もライブラリも、少々変更がでてますが。スケッチのアラーム部分が、未だ未完成。一応、設定すれば音がでるというとこまでいってるんですが。(2011/10/23)

7セグ時計_その2_7セグ時計2.txt · 最終更新: 2014/10/14 16:48 by spumoni